【古代文明】3000年前の奇習「吊り棺桶」の謎

中国はいくつかの美しい川、密集した森林、そびえ立つ山々、そしてぶら下がっている棺桶がある崖のある素晴らしい国です。 そうなん?と思ったあなた、 中国南部地域に今も存在する吊り棺桶は国の中で神秘的で未解決のパズルの1つであり続けています。

絶壁墓地について

専門家によると、これらの棺桶は古代のボウ族の人々(3000年近く前)に属しています。 しかし、この奇妙な埋葬習慣は中国のボウ族だけで流行していただけでなく、フィリピンやインドネシアのようなアジア諸国の他の少数民族によっても同じことが行われていました。

この独特の埋葬習慣の背後にある本当の理由は誰にもわかりませんが、ボウ族は棺を崖にぶら下げておくと死者が天国に到着するのが容易になったと信じていると専門家は考えます。
これに関する実用的な情報や書面による情報はないため、これは単なる推測でした。

古代では、人々は自然を信じ、良い魂は自然の中に住んでいると思いました。
彼らは岩、山、そして水を信じていました。
雲南省博物館のGuo Jingによると、人々は崖や高地の自然のものは天に近いと信じており、ボウ族もこの理論の信者であるように思われます。

しかし、棺桶を吊るすことには2つの大きな利点がありました。1つは、遺体が墓荒らしの手の届かないところにあり、さらに吊り下げによって耕作地が明確に保たれていることです。

ボウ族を知っていますか

ボウ族の人々は少数派であり、約3000年前に中国南部地域に住んでいました。
専門家達は、明王朝がこの地域を占領し、ボウ族を虐殺したために絶滅したと推測しています。

しかし、誰が彼らであるのか、彼らがどこから来たのか、実際に何が起こったのか正確には誰も知りません。 これはまだ中国で議論のホットなトピックの1つです。

google翻訳 猟奇的且つ刺激的な画像を割愛 詳細はリンク先へ
https://timesofindia.indiatimes.com/travel/destinations/solving-the-mystery-of-hanging-coffins-of-china/as69687107.cms